肩甲骨が『超』硬い人向け!体を柔らかくするストレッチ

はじめに

今回は肩甲骨が『超』硬い人向け!体を柔らかくするストレッチの紹介です。 

肩甲骨が硬い人と向け言いましたけどどれくらい硬いのかというと背中で手が組めない人です。これは肩甲骨が硬いサインで肩甲骨が硬いことは体の不調にものすごく影響します。 

肩甲骨が柔らかくなることで・こり肩こりの解消・猫背姿勢の改善などのメリットがあります。 

 

僧帽筋のホールド&リリース 

1.床に座り両肩を耳に可づける 

2.この状態で10秒キープする 

力を入れて耐えてください。力を入れ続けることが大事です。 

3.10秒経ったら脱力して肩をストンと下す 

4.3セット繰り返す 

脱力することで一気に筋肉が緩みます。

広背筋のセルフケア 

1.四つんばいになり右手を左手と左膝の間に入れて伸ばす 

2.左ひじを曲げて右肘を床につける 

3.30秒キープする 

右の肩甲骨~背中が伸びていればOKです。手の位置でテンションが変わります。遠くに伸ばすほどテンションが高くなります。 

4.四つんばいになり左手を右手と右膝の間に入れて伸ばす 

5.右ひじを曲げて左肘を床につける 

6.30秒キープする 

肩甲骨のトリビア 

頭がスッキリしない、頭痛が続く、自律神経が乱れる、小さなことでイライラするのももしかしたら肩甲骨がガチガチに硬くなっていることが原因なのかもしれません。デスクワークの人や長時間のパソコンを使っている人は前かがみの姿勢で知らず知らずのうちに背中が丸まっている状態で長時間座っています。スマホが手放せない人は電車の中でも、自宅でも、待ち合わせしている時も軽くを傾けて下を向いた状態長く続きます。この背中が丸まった前傾姿勢のまま肩甲骨が固まって肩が内側に入るのが猫背姿勢です。原因は諸説ありますが猫背の状態肩甲骨が硬くなると体にとってデメリットばかりです。 

 

大胸筋のセルフケア 

1.四つんばいになり左手を真横に出す 

2.左胸を床に近づけていくように上体を下げる 

3.肩をいれるイメージで30秒キープ 

胸の前側大胸筋が伸びていればOKです。伸びていなければ手の角度を変えて伸びる位置を探してください。 

大胸筋が硬い人は多くいます。特にデスクワークや座っている時間が長い人が大胸筋硬くなりやすいです。大胸筋が硬くなると肩が前に出て猫背姿勢になりやすいです。 

4.右手を真横に出す 

5. 右胸を床に近づけていくように上体を下げる 

6. 肩をいれるイメージで30秒キープ 

肩甲骨はがし 

1.四つんばいになり両手を付ける 

2.手を胸の真下にセットする 

3.上半身を脱力させ手に体重をかける 

4.円を描くように動かす。 

5.30秒行う 

どちら回しでもOKですリラックスして手に体重をかけると肩甲骨が浮いてきます。浮いてきて円を描くように動くと肩甲骨が動きます。脱力してリラックスして行うのがポイントです。 

さいごに

今回は肩甲骨が『超』硬い人向け!体を柔らかくするストレッチの紹介でした。 

肩甲骨が柔らかくなることで・こり肩こりの解消・猫背姿勢の改善などのメリットがありますので是非肩甲骨を柔らかくして健康になってください。 

 

最後までお読みいただき有難うございます。
掛川・磐田で身体の不調や何かお悩みごとがある方はぜひ一度“整体サロンSaule(サウレ)”までお気軽にお問合せ下さい。

お気軽にお電話でご連絡ください
070-8583-0417 070-8583-0417
9:00~20:00
お気軽にお電話でご連絡ください
070-8583-0417 070-8583-0417
9:00~20:00
Access

施術のご予約については当日でもフレキシブルに対応し地元で喜ばれております

概要

店舗名 整体サロンSaule
住所 静岡県掛川市長谷1丁目31−2 Wonder-Site 長谷 201
電話番号 070-8583-0417
営業時間 9:00~20:00
定休日 月火水木金曜日
最寄り 掛川市役所前駅 徒歩7分
西掛川駅 徒歩8分

アクセス

辛い体の痛みや姿勢の悪化などにお悩みでしたら、お気軽にお問い合わせいただけます。頭痛腰痛肩こりなど、施術で対応できる痛みや違和感は多岐に亘ります。初めてお越しの方にも分かりやすいご説明を心掛け、施術の前のカウンセリングにも力を入れております。また、当日のご予約にも対応いたします。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事